感覚トレードを言語化する(スキャルピング)

最近、FXをやったことのない人にトレードをお教えする機会がありまして…

感覚値ごろ感スキャルならだれでもできる(勝てるとは言ってない)のでそれを教えているのですが…

 

 

うまく教えられない…/(^o^)\

 

てことで感覚トレードをしながら言語化する作業を絶賛やっております

 

例えば、

  • リバ取りのみ、予想トレードはしない
  • ↑動いた後にどうするか考えるのがリバ鳥、動き出す前に予想して売買しておくのが予想トレード、基本はこの二つ
  • 前のローソク足の途中地点でエントリーしてはいけない、上限か、下限でエントリーする
  • 順張りスキャを目指す
  • ↑順方向に動いた後にその足の中で戻りが起こり、それに対して順方向へポジションをとる(理想、大損失を受けにくい)

、、、

こんなのが50個くらい(おおい)

 

あくまでも負けないことを意図しているため僕のトレードはこの通りではありませんが感覚を言語化していくのはなかなかおもしろいです

 

人(特に初心者)にトレードを教えることにメリットを見いだせずにいたのですが、これが意外と自分のためになってるような(気がする)

 

お金が絡むものなのでただ教えることは億劫になりがちですが(強欲乙)教えないにせよ、感覚派の人にはぜひ言語化することをお勧めしておきます

 

短期スキャルを目指している方には参考になるかもしれないと思い筆を執った次第であります(おわり)